繊細な動きに要注意

繊細な動きに要注意

ローリスクローリターン ですが、こうなってくると、払い戻しが出来ます。
いったりきたりです。利益が何もありません。そこで、 90%にPayout率をすると、どちらかに資金が110%になり、どちらかに資金が90%にむかうこととなります。
胴元という儲けをだすギャンブルに調整役がはいます。そして、そのギャンブルをすることで大金を狙っている挑戦者という人がいます。
ギャンブルは、この2 人がいることで儲けることもあれば損をすることもあるものになります。

さらに、Payout率が100%だったときは、お金が胴元にも挑戦者にも増えません。

非常にPayout率は繊細な動きをしています。胴元がPayout率が低いということは儲かり、Payout率が高ければ胴元が損をしやすくなる仕組みとなっています。このような仕組みでギャンブルは成り立っているのです。Payout率は、払い戻し率と基本的にはなっていますが、実際はこの払い戻し率がギャンブルには非常に大切な役割を担っ てます。

ペイアウト率はギャンブルによって異なります。
その理由については、まえもって人件費や固定費などの費用をベット額から差し引く必要があるからです。

その点、固定費がかからずオンライン上での成立ブックメーカー等はペイアウトの割合も高くなるということです。
それに加え、ペイアウト率はブックメーカーごとでも違いますし、だいぶ対象のスポーツなどによってもことなってきます。

通説として、ギャンブルでは払い戻し率が高いほうがイイとされています。それは当り前ですね。投資した資金がコレが高ければ高いほうが戻ってくる可能 性が高いのです。
ギャンブルである事はブックメーカーは間違いありません。では、一体なにが原因でこのギャンブルはその優劣を決めてるんでしょうか。
Payout率がそこには関係をしてます。
払い戻し率が高すぎてもだめだし、低すぎてもだめという事がこれで見ると、分かってくるでしょう。