イギリスが発祥の賭博といえばブックメーカー

イギリスが発祥の賭博といえばブックメーカー

規制を国としもしたのですが、止めない人がそれでも多かったので、ある一定の厳しい基準を設け、胴元としてそれをクリアした企業はブックメーカーをして良いと決めました。
イギリス発祥の賭博と言えばがブックメーカー。
大統領選とか芸能関係の受賞者を賭けるなどたまに見かけ、とてもワクワクするものもあります。

競馬の歴史にそぐわないという理由でそのときは、批判が強かくありました。

だが、国民の間でその後参加者が急増していきます。
差がかなりここまでくると生じてくるものです。

ある人物が18世紀のイギリスで、競馬場で行ったことが最初だと言われてます。
胴元といわれる企業が開催してるスポーツや行事などの賭けにこのブックメーカーは、オッズが決まっていて、払戻金が賭けた金額とそのオッズの倍率に応じて決定をするという単純明快なシステムとなっています。

たとえば、サッカー、テニス、バスケット、ホッケーなどの主要リーグ、オリンピックやワールドカップ、それだけではなく格闘技とはば広いジャンルをとりあつかっています。
ほとんどの人がイギリスでは認知していて、このブックメーカーは日常的に使われています。ギャンブルの感覚で日本のように行っているのではなく、すこしだけ日常生活を刺激的にしてくれるスパイスみたいな感覚で、この賭け事を楽しみつつしているのです。

現在、500以上もこういったブックメーカーはあるといわれています。
賭け事がこうして合法となったのです。
それが、BETTING GAMING AND LOTTERIES ACT(賭博及び宝くじ法)と1963年に出来た法律です。
ハウスとしてこの法律で定めている条件をクリアすれば、ブックメーカーを取り仕切ってもよいとなりました。